Blog&column
ブログ・コラム

屋根の塗膜が剥がれる原因は?

query_builder 2024/04/08
コラム
26
屋根は、家を守るために重要な部分です。
屋根の塗膜が剥がれてしまうと建物の劣化が進み、家に悪影響を及ぼすでしょう。
今回の記事では、屋根の塗膜が剥がれる原因を解説します。
屋根の塗膜が剥がれる原因
■経年劣化
屋根は、時間とともに環境の影響を大きく受けます。
紫外線・雨風・雪などが原因で、屋根材やコーティングが徐々に劣化していくでしょう。
一般的に、塗膜の耐久年数は8?10年と言われています。
耐久年数に近ければ、経年劣化によって剥がれている可能性が高いでしょう。
■クラックや破損
激しい雨風にさらされたり、物が飛んで来たりすることで、クラックや破損が生じる可能性があります。
屋根材にクラックや破損が生じると雨水が浸入しやすくなるため、屋根の塗膜が剥がれやすくなるでしょう。
■施工不良
不適切な施工は、屋根の塗膜が剥がれる原因となります。
汚れが十分に落とされていない状態で塗装が行われていたり、下地処理が甘かったりすると、屋根の塗膜が剥がれやすくなるでしょう。
また、悪天候での作業や乾燥時間の不足も、塗膜が剥がれやすくなる原因です。
▼まとめ
屋根の塗膜が剥がれる原因は、経年劣化・クラックや破損・施工不良などです。
定期的にメンテナンスを行い、塗膜が剥がれていないか確認しましょう。
古河市の『会沢建築板金』では、屋根の定期点検や修理を承っています。
迅速で高品質な施工をいたしますので、点検や修理をお考えの方はお気軽にご相談ください。

NEW

  • query_builder 2024/02/19
  • query_builder 2024/02/02
  • 2024

    query_builder 2024/01/04
  • 会沢建築板金

    query_builder 2023/12/10
  • 【古河市の屋根修理】コラム始めました。

    query_builder 2023/12/04

CATEGORY

ARCHIVE