Blog&column
ブログ・コラム

屋根における劣化のサインとは

query_builder 2024/05/15
コラム
31
屋根修理をどのタイミングで行えば良いのか、迷っている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、屋根における劣化のサインについて解説します。
屋根の劣化を放置すると雨漏りのリスクにもつながりますので、ぜひ参考にしてください。
屋根における劣化のサイン
■強風によるめくれ
強風・台風により、瓦や金属屋根がめくれるケースがあります。
めくれを放置すると雨が流れる方向が変わり、雨漏りを引き起こす恐れがあるでしょう。
雨漏り
すでに雨漏りが発生している場合、屋根の劣化が疑われます。
雨漏りは建物内部の構造部分にまでダメージを与えるので、早急に対処しなければなりません。
■コケ
屋根にコケが生えている場合も注意しましょう。
表面を保護している塗膜が、劣化している状態です。
屋根の防水性能が落ちているので、再塗装を検討しましょう。
■色あせ
色あせがあっても、すぐに修理が必要というわけではありません。
ただし塗膜の劣化が進行している証拠ではあるので、メンテナンスが必要になるでしょう。
▼まとめ
次のような症状は、屋根の劣化のサインです。
・強風によるめくれ
雨漏り
・コケ
・色あせ
このようなサインを見つけた場合は、屋根修理を行っている業者に相談してみると良いでしょう。
屋根修理雨漏り修理のお悩みは、古河市の『会沢建築板金』までご相談ください。
施工経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたしますので、安心してお任せいただけます。

NEW

  • query_builder 2024/02/19
  • query_builder 2024/02/02
  • 2024

    query_builder 2024/01/04
  • 会沢建築板金

    query_builder 2023/12/10
  • 【古河市の屋根修理】コラム始めました。

    query_builder 2023/12/04

CATEGORY

ARCHIVE